デメリット

エアペイはnanacoとWAON、楽天Edyなど一部決済に未対応

ピーちゃん
ピーちゃん
そういえばエアペイで対応できない電子マネーもあるのかしら?
プーさん
プーさん
一部あるね。必要なものが対応しているかあらかじめ確認しておこう!

エアペイは25種類ものキャッシュレス決済に対応しており、その対応数は業界でも群を抜いています。一方で、一部未対応の決済もあるので導入前にしっかり確認しておきましょう。

エアペイは一部電子マネーに未対応!対処法は?

エアペイは以下3つの電子マネーに未対応です。それぞれの主な利用可能店も記載しています。

  • nanaco:セブンイレブンなど
  • WAON:イオン、ダイエーなど
  • 楽天Edy:各種コンビニなど
  • 楽天ペイ:各種コンビニなど
ピーちゃん
ピーちゃん
さすがのエアペイでも全てをカバーできるわけではないのね
プーさん
プーさん
そうだね。もし需要がある場合は対処法も参考にしたいところだな

エアペイは25種類もの決済ブランドに対応しており、基本的に決済に対応できず困ることはありません。一方で、上記ブランドについては未対応となっています。考え方としては、対応数の多いエアペイを軸にしつつ必要なブランドがあったらそれぞれ対処法をとるというかたちになります。

以下、それぞれの対処法を記していますのでご参考下さい。

nanaco, 楽天Edyについて

nanacoは主にセブンイレブンやイトーヨーカドー、楽天Edyはコンビニをはじめとした多くの小売店で利用できる電子マネーです。名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

これらはエアペイで未対応となっていますが、対処法があります。nanaco、楽天Edyに個別に申込をするという方法です。

nanaco、楽天Edyはそれぞれ法人向けにサービス導入を受け付けており、こちらからの申込が可能になっています。

以下はnanacoの申込ページからの抜粋です。

このように、必要性に応じて追加申請をする方法が1つ対処法になるかと思います。

プーさん
プーさん
まずはお客様からのヒアリングでこれら電子マネーが必要かを判断することが大事だね
ピーちゃん
ピーちゃん
さっそくヒアリングしてみようかしら!

WAONについて

WAONはイオン系列の店舗などで使えるカードタイプの電子マネーです。チャージして使うこともできますが、お買い物の際にポイントを貯めるために持っているという方も多いのが特徴です。

もしWAONを利用したいという場合は、エアペイポイントの利用が1つの対処法となります。エアペイポイントとは、WAONポイントをはじめTポイントやPontaといった有名ポイントを自分のお店で使えるようになる画期的なサービスです。

これにより、WAONの電子マネー機能こそ使えないものの、WAONユーザーの主たる用途であるポイントを貯める・使うといったことが可能になります。

ピーちゃん
ピーちゃん
WAONポイントはイオンなどで買い物をした際によく使っているわ!
プーさん
プーさん
このWAONポイントの機能が使えるだけでもだいぶお客様のニーズに応えられそうだな

エアペイの導入後であれば初期費用の端末代もかからないので、お得に利用することができておすすめです。

楽天ペイについて

ピーちゃん
ピーちゃん
楽天ペイってなんだっけ?
プーさん
プーさん
楽天が提供するQRコード決済の1つだよ
ピーちゃん
ピーちゃん
PayPayやLINE Payと同じようなサービスなのね

2019年に入り、QRコード決済の台頭が止まりません。2018年末にはPayPayが100億円キャンペーンで注目を集め、その後LINE Payも20%ポイント還元施策や積極的な広告宣伝で火付け役となりました。

楽天ペイはエアペイで対応していませんが、対処法は明確です。それはエアペイQRの導入です。なぜなら、エアペイQRは日本で最も利用されているQR決済のLINE Payに対応しており、他にもd払い・アリペイ ・WeChatPayといったQR決済の代表格も網羅しているためです。

よく間違われますが、エアペイQRはQRコード決済の一種ではなく、小売店でそういったQRコード決済への対応をするための事業者向け決済サービスです。詳しくは『エアペイQRとは メリットや注意点|導入方法は?』にまとめていますのでご参照下さい。

まとめ

エアペイの対応していない決済ブランドについてご紹介、対処法をまとめさせて頂きました。

いかがでしたか?導入前にこうした注意点と対処法を知っておけば、いざという時にも困らないかと思います。少しでもポイントがお伝えできたなら幸いです。

ピーちゃん
ピーちゃん
未対応の決済について注意点と対処法がよく分かったわ!
プーさん
プーさん
良い検討材料になったな!

一方で、エアペイは25種類と業界最多のブランド対応数を誇る決済サービスです。エアペイにしか対応できない決済もあるので、よくよく比較してみて下さいね!

⇒今すぐエアペイに申し込む

 ▼関連記事▼

エアペイはAndroid(アンドロイド)に未対応!対処法は? エアペイはAndroidOSに対応していません。エアペイ用にタブレットを購入される際などはご注意下さい。また、ご自身のタブレット...
エアペイは翌日入金できないので注意!最大月6回の振込を活用しよう キャッシュレス決済の導入にあたってよく疑問点としてあがるのが売上金の入金についてです。 どんな事業者の方でも基本的には売上...
Airペイ(エアペイ)のデメリットは?確認しておきたい注意点5つ 決済サービスを検討するにあたって良い面はさることながら、同時に注意点もしっかり確認しておく必要があります。 この記事では、...

 

\今キャンペーン中の内容はこちら/