エアペイとは

【超まとめ】Airペイ(エアペイ)の評価と評判|導入方法と費用は?

Airペイ(エアペイ)は、お店のキャッシュレス決済を可能にするサービスです。
この記事では、そんなエアペイについてとことん分かりやすく解説していきます。

お店で商品をお買い求め頂けた!お客様にサービスを提供した!
そんなとき、お客様にこう言われた経験はありませんか?

「カード使えますか?」「支払いはSuicaで」「QR決済ってできますか?」

このように、最近は既存のレジでは対応できないキャッシュレス決済を望まれるお客様が急増しています

エアペイはそんなキャッシュレス決済をあなたのお店で簡単にできるようにしてくれます。

プーさん
プーさん
キャッシュレス決済は今やお店に必須のサービスになりつつあるな
ピーちゃん
ピーちゃん
私のお店もキャッシュレス決済を望むお客様の声が多いの。早く導入しないと!
プーさん
プーさん
まずは焦らずじっくり検討していこう

私もエアペイを酒店に導入した経験があります。

その時は常連のお客様に大変喜んでいただき、全体の購買頻度も増えました
またQR決済にも対応でき、中国人観光客の爆買い誘発に繋がっていきました。

エアペイ恐るべし。。というのが正直な感想です。

プーさん
プーさん
相当効果があったみたいだな

ピーちゃん
ピーちゃん
後で詳しく聞かせてもらいましょう!


この記事では、そんなエアペイが具体的にどういうサービスなのか。どうやって導入するのか。費用はどれくらいか。

そういったエアペイ の気になるポイントをまとめてご紹介していきます!

Airペイ(エアペイ)ってどんな決済サービス?導入費用は?

エアペイあらゆる電子マネーやQRが使える決済サービスです。

例えばコンビニはあらゆる決済に対応していますよね。基本的にはそれに近い決済システムをあなたのお店で提供できるようになります。

プーさん
プーさん
コンビニってほんと便利だよな

ピーちゃん
ピーちゃん
私のお店もコンビニ並みに色んな決済に対応できるのね!

どんなお店でも(例えば病院やクリニックでも)様々な決済に対応できるところがエアペイの利点です。

Airペイ(エアペイ)でできること

エアペイは、さまざまな決済をiPadまたはiPhoneとカードリーダー1台で決済できるようになります。

例えば、クレジットカードや交通系電子マネーのようなキャッシュレス決済ができるようになるのが大きな特徴です。

ピーちゃん
ピーちゃん
キャッシュレスケッサイ?
プーさん
プーさん
現金を使わないあらゆる電子決済のことだな
ピーちゃん
ピーちゃん
最近流行りのやつね!

流行りどころか、現金の代わりに様々な電子決済が世間一般的に普及しつつあります。

     
例えばこんな感じですね!

エアペイを導入すると、こういった決済をあなたのお店でも対応できるようになります。

Airペイ(エアペイ)の費用

エアペイなら業界最安水準の決済手数料3.24%~、かつ月額固定費、振込手数料は0円です!

ピーちゃん
ピーちゃん
これって安いの?高いの?
プーさん
プーさん
控えめに言っても激安だな

私も様々な決済サービスをリサーチ・検討しましたが、今のところ最もコスパが良いのはエアペイだという結論に至りました

こういった新しいサービスを導入しようとした場合、この比較検討の段階が一番の難関になるんですよね。。

ここは私が身を持って体験した部分ですので、おすすめの理由から注意点まで包み隠さずご紹介していきます!

iPhoneかiPadが必要!

ここは1つ注意点になります。

エアペイは、使うにあたってiPhoneあるいはiPadが必要になります。

決済はiPhoneやiPadに金額を入力して行うことになります。

また、Air REGI(エアレジ)という無料のモバイルPOSレジを使う場合も必要になります。エアレジやモバイルPOSレジについては『モバイルPOSレジ(エアレジ)とは|価格や補助金について解説!』に分かりやすくまとめています。

プーさん
プーさん
俺はiPhoneユーザーだからここは大丈夫そうだ
ピーちゃん
ピーちゃん
私はより見やすいiPadを買おうかな

普段からiPadやiPhoneを使っている方はそちらで問題なく導入できるでしょう。

一方で、iPadやiPhoneを持っていない・持っているけどiPadをお店専用に新たに用意したいという方もいるかと思います。

そういった方はこちらのiPadを用意しましょう。32ギガで必要にして十分の機能となっています。

実際に私が酒店にエアペイを導入した時もこちらのiPadを使い成功しました。
非常にスムーズな決済体験をお客様に提供できるようになります。

また、飲食料品をお取扱いのお店はぜひ軽減税率対策補助金をご活用下さい。iPadやレジ周辺機器が半額以下で入手できるようになります。詳しくは『軽減税率対策補助金とは|対象や申請まで徹底解説!』にまとめたので見てみて下さいね!

Airペイ(エアペイ)のメリット


お店でキャッシュレス決済を行うためのサービスはエアペイ以外にも存在します。楽天ペイやSquareといったサービスです。

ピーちゃん
ピーちゃん
どうしてエアペイがおすすめなの?

プーさん
プーさん
最も多くの電子決済に対応しているからだよ

やはり一番の魅力はQR含むキャッシュレス決済を25種類もカバーしており、どんなニーズにも対応できる点です。それでいて手数料も安いので、まさに最強のコスパを実現してくれています!

以下、そのようなエアペイのおすすめポイントを厳選してご紹介していきます。
まとめると次の5つになります。

  1. カード、電子マネー、Apple Payが全て決済できる
  2. 導入費用がゼロ円!
  3. 決済手数料は業界最安水準!
  4. 素早い入金サイクル
  5. 万全のセキュリティ

それでは、1つずつ見ていきましょう。

カード、電子マネー、Apple PAY、QRが全て決済できる

エアペイは25種類の決済に対応可能です。クレジットカードから、交通系電子マネー、Apple Pay、LINE PayなどのQR決済までカバーしています。

ピーちゃん
ピーちゃん
25種類はすごいわね!

プーさん
プーさん
電子マネーはほぼ何でも使えるね

ピーちゃん
ピーちゃん
でもこんなに便利なら初期費用も高いんじゃない?

そう、こんなにも便利。そしてそれゆえに気になるのはその導入費用ですよね。

導入費用がゼロ円!

結論から言うと、iPhoneもしくはiPadを持っていれば導入費用は全くかかりません。固定費もなしです。

現在は0円スタートキャンペーンをやっているので費用なしでエアペイの導入ができてしまうのです。

プーさん
プーさん
まさかの初期費用ゼロ円なんだよね!

そう、ここがエアペイのすごいところ。

エアペイは決済にかかる手数料しかからないのです。しかもその手数料は業界最安水準。もう脱帽です(笑)

エアペイの使いやすさ、今後のキャッシュレス決済ニーズの高さに自信があるからこそできるビジネスモデルなのだと思います。

決済手数料は業界最安水準!

                ※QR決済は3.24%
さて、豊富な決済ができるエアペイですが、気になる手数料は上記の通りです。
これは
業界最安水準で間違いありません。

私も色々リサーチしましたが、現状どの決済手数料も一番低いのがこのエアペイでした!

例えば、競合のSquareだとVISAやマスターカードが3.25%、JCBが3.95%だったりします。
プーさん
プーさん
手数料も相当安いんだな
ピーちゃん
ピーちゃん
これなら手数料で利益が減る心配も少なそうね!

また、2019年10月からは政府のキャッシュレス・消費者還元事業により、中小・小規模事業者を対象として決済手数料の1/3を国が負担してくれる制度が始まります。これによってエアペイの決済手数料3.24%は実質2.16%にまで減ります。これまで以上にエアペイの使いやすさは増していくことになりそうです。

なお、キャッシュレス・消費者還元事業については『キャッシュレス・消費者還元事業とは|5%の消費者ポイント還元など』に詳しくまとめています。こちらも合わせてご参照下さい。

素早い入金サイクル

エアペイの嬉しいポイントの1つはこの素早い入金サイクルです。

クレジットカードなど一般的な決済手段は月に2回の振込が多いですが、エアペイは月最大6回まで振込可能なんです。

具体的には、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行なら月6回の振込。その他の銀行なら月3回の振込を行うことができます。

月6回(または3回)締めの5日後払い

ピーちゃん
ピーちゃん
これは資金繰りに融通がきくからとても助かるわ!
プーさん
プーさん
在庫回転率が高い飲食店などでは即入金できるという点は大きなメリットだね

私がエアペイ導入をサポートした酒店では、アリペイが使用可能になったことで中国人客のウイスキー爆買いが起こりました。

そこで助けになったのが、エアペイの素早い入金サイクルです。次の仕入れをするためのお金がなくなってしまうという心配を見事に解消してくれました!

万全のセキュリティ

キャッシュレス決済導入にあたって気になる点の1つがセキュリティの問題ですよね

ピーちゃん
ピーちゃん
せっかくスムーズに販売できても情報が漏れたりしたら問題ね

プーさん
プーさん
安心して。セキュリティは最優先課題!万全の体制がとられているんだ

エアペイでは、お客様やあなたのお店の情報を守るセキュリティ体制が万全です。

具体的には、以下の規格に対応した強固なセキュリティがしかれています。

  • EMV:クレジットカードに搭載されるICチップの国際規格
  • PCI DSS:カード会員情報の保護を目的としたカード情報セキュリティの国際統一基準

ピーちゃん
ピーちゃん
調べたら上記はVISAとかMasterなどが設けた国際基準なのね。安心なわけね!

\ 今キャンペーン中の内容はこちら/

Airペイ(エアペイ)のデメリット


ピーちゃん
ピーちゃん
一体どんなデメリットがあるのかしら?

プーさん
プーさん
安心して。エアペイはこのサイトでおすすめしてるだけあって致命的なデメリットはないよ

プーさんの言う通り、エアペイには致命的なデメリットというのはありません。

一方で、注意点をしっかり確認することは決済サービスを導入する上で大切です。ここではその対処法までご説明しますので、ぜひエアペイ導入時の参考にしてみて下さい

気になるエアペイの注意点ですが、まとめると次のようになります。

  • 電子マネーはnanacoとWaon、楽天Edyが未対応
  • QRコード決済は楽天ペイが未対応
  • Android(アンドロイド)が未対応
  • 申し込みから利用開始まで1〜2週間かかる

それではさっそく詳しく見ていきましょう。

電子マネーはnanacoとWaon、楽天Edyが未対応

エアペイは、セブンイレブンなどで使えるnanaco、イオンで使えるWAON、楽天ポイントが使える楽天Edyに未対応です。

ピーちゃん
ピーちゃん
なんか聞いたことある3つね

プーさん
プーさん
どれも特定のシーンで利用する電子マネーなんだ

ピーちゃん
ピーちゃん
でもこのカードしか持ってないって人は会ったことないかも

そうです。プーさんの言う通り、nanacoとWAONは利用できる店が特定のチェーンに限られているため、これらのみを電子決済の手段にしている人は滅多にいません。

楽天Edyも楽天市場を頻繁に利用する人なんかが利用しており、これだけという人は少ないです。

一方で多くの人が決済手段としており、必ず対応していたい決済手段というのもあります。それはクレジットカードと交通系電子マネーです。

ピーちゃん
ピーちゃん
確かに交通系電子マネーはほんとよく使うわ

プーさん
プーさん
クレジットカードも一番メジャーなキャッシュレス決済だよな

ご安心下さい。エアペイはこのいずれにも対応しています!

実際、お客様が電子決済として利用されるものはほとんどこのクレジットカードと交通系電子マネーになります。したがって、エアペイの機能があれば必要にして十分ということになります。

プーさん
プーさん
むしろエアペイにしかできない電子決済がいくつもあるんだ。それを考えるとこの未対応ブランドの存在は目をつむれるね。

ピーちゃん
ピーちゃん
今後も対応ブランドが追加される可能性もあるものね!

またそれぞれ対処法もありますので、気になった方は『エアペイはnanacoとWAON、楽天Edyなど一部決済に未対応』もご参照下さい。

QRコード決済は楽天ペイが未対応

エアペイは楽天ペイというQR決済には未対応です。

ピーちゃん
ピーちゃん
そもそもQRコード決済ってやったことないな〜

QRコード決済は今後日本でも急速に普及していく可能性のある決済手段です。
2018年末にはPayPayが100億円あげちゃうキャンペーンを実施し火付け役となりましたね。

ピーちゃん
ピーちゃん
あ、知ってる!QR決済できないとまずいじゃん!
プーさん
プーさん
安心して。メジャーなQRコード決済はエアペイで全部対応できるんだ。というか、むしろエアペイでしか対応できないんだよ。
ピーちゃん
ピーちゃん
え、そうなの?

実は、エアペイだけが日本でメジャーなLINEペイ、そしてd払い(ドコモのQR決済)に対応できる決済サービスとなっています。

さらに、中国で最もメジャーな決済手段であるALIPAY(アリペイ)やWeChatペイ(ウィーチャットペイ)にも対応しています。今後、訪日観光客数は増加し政府もこれを後押ししていることから、この点も大きなメリットになってきます。

エアペイでできるQRコード決済

ピーちゃん
ピーちゃん
QRコード決済を充実させたい場合もエアペイがベストな選択なのね!

Android(アンドロイド)が未対応

プーさん
プーさん
エアペイはお店側の端末としてAndroidが使えないんだ
ピーちゃん
ピーちゃん
むむ、Androidってなんだっけ?
プーさん
プーさん
Androidはスマホやタブレットの基本機能となるソフトの1つだよ。iPhoneやiPadの場合はiOSがそれにあたるね。
決済手段も多くとっても便利なエアペイ。しかし、Android(アンドロイド)には未対応なので注意が必要です。

エアペイの金額入力やPOSレジアプリを使う際は、iPhoneもしくはiPadを使う必要があります。したがって、Androidユーザーの方は新たにiPadを購入する必要があります。

ピーちゃん
ピーちゃん
そうなのね。iPadを新しく買うとしたら高いんじゃないかしら?
プーさん
プーさん
そうだね、普通に買ったら高い。だけどここでは補助金という対策方法があるんだ。

新たにタブレットあるいは周辺機器を購入する場合は検討したいものがあります。

軽減税率対策補助金の活用です。これを活用することで、例えばiPadなら市場価格の半額で入手することができます。

ピーちゃん
ピーちゃん
は、半額ーー!?

消費税増税に伴う政策として、中小企業庁が窓口となって補助金の申請を受け付けています。ぜひ確認してみて下さい。

申し込みから利用開始まで約2週間かかる

プーさん
プーさん
エアペイの申し込みをしてから利用開始までは2週間はみておいてね

エアペイは申し込みをしてすぐに利用できるわけではありません。

審査・配送・初期設定の後、各決済ブランドの審査完了メールが届いてから利用が開始できます。だいたいこの間が2週間です。

特に審査は決済ブランドによっても審査期間が異なります。利用開始までの時間を短縮する方法など、注意点や対処法の詳細は『エアペイは申し込み〜利用開始まで約2週間!審査に関する注意点は?』でご説明しています。

ピーちゃん
ピーちゃん
エアペイを利用したい日の2週間前には申し込みを済ませると確実ね!
プーさん
プーさん
そうだね!

Airペイ(エアペイ)をかんたん導入方法

エアペイはウェブ申込み・初期設定・利用開始のかんたん3ステップで導入できます! 

ピーちゃん
ピーちゃん
実際に申込むってなったらどんな手続きが必要なのかしら?
プーさん
プーさん
エアペイの申し込みは本当に簡単だよ!

新しい決済システムの導入となるとどうしても難しそうに感じますよね。
でもご安心ください。
エアペイの導入は以下の3ステップのみで本当に簡単です。

実際に私も酒店等へのエアペイ導入を経験していますが、だいたい申し込みは1日で終わります。審査期間やカードリーダーの配送・初期設定まで含めても2週間でエアペイ導入は完了します。

また、トレーニングモードという決済の練習機能もあり、従業員のスキルアップも含めた実践的なキャッシュレス決済導入が可能です。

導入の各ステップについては『【超解説】Airペイ(エアペイ)のかんたん導入方法』で詳しく解説しています。画像や表をふんだんに使って分かりやすく説明していますので、ぜひ参考にしてみて下さい!

まとめ

エアペイがどんな決済サービスか、メリットや注意点は何かなど、分かりやすくまとめさせて頂きました。

いかがでしたか?少しでもポイントがお伝えできたなら嬉しいです。

ピーちゃん
ピーちゃん
思ってた以上に簡単で便利そう!
プーさん
プーさん
初期費用も0円だし、試しに導入するのもありだな!

私も最初は迷いましたが、実際にエアペイを導入してみて「もっと早く導入しておけば良かった!」と思いました。実際に、私がエアペイを導入した酒店では売上が150%以上に大幅増加しましたし、効果抜群であることは間違いないです。

今後のキャッシュレス決済化の流れは加速していきます。この機会にぜひあなたのお店でもエアペイを導入してみて下さい!

⇒今すぐエアペイに申し込む!

 

 今キャンペーン中の内容はこちら/