デメリット

エアペイは翌日入金できないので注意!最大月6回の振込を活用しよう

ピーちゃん
ピーちゃん
エアペイの売上金ってすぐに入金してもらえるのかしら?
プーさん
プーさん
エアペイは通常の決済事業者に比べても素早い入金サイクルになっているよ
ピーちゃん
ピーちゃん
よかった!あんまり遅いとお困るものね
プーさん
プーさん
ただし翌日入金はできないから注意が必要だね

キャッシュレス決済の導入にあたってよく疑問点としてあがるのが売上金の入金についてです。

どんな事業者の方でも基本的には売上金をすぐに回収したいものです。それにより次の仕入れや投資を行うことができるためです。

今回はエアペイの入金について、注意点をご紹介いたします。

エアペイは翌日入金できないので注意!

エアペイは明日売上金を引き出したいと思ってもすぐに引き出すことはできません。これはエアペイだけでなくあらゆる決済事業者に言えることですが、注意しておきたい点です。

キャッシュレス決済を行うと一時的に売上金は手元にない状態になりますので、十分な資金量と計画的な資金繰りが必要になります。

ピーちゃん
ピーちゃん
そっかー現金じゃないから売上金が手元に来るまではタイムラグがあるのね
プーさん
プーさん
そうだね。特に売上金額が大きい店舗は注意しておきたいね。

一方で、エアペイは基本的に入金サイクルが早いのであまり問題にはなりません。したがって、飛び抜けて売上が高い・在庫回転が速い店舗で導入する場合でなければ安心できるかと思います。

ピーちゃん
ピーちゃん
 まずは自分のお店の特徴を考えてみる必要がありそうね!

対処法はある?

翌日入金ができないことへの対処法としては、大手都市銀行を指定口座にして月6回の入金日を設けることが有効です。これにより、翌日入金とまではいきませんが余裕を持った資金繰りが可能になります。

まず前提として、エアペイによるキャッシュレス決済で売り上げた売上金はあらかじめ指定した銀行口座に振り込まれます。

この入金サイクルは指定の銀行によって異なり、三菱UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行の大手都市銀行であれば月に6回の振込入金が可能です。また、他の銀行においても月3回の振込入金が可能となっており、一般的な決済事業者よりも素早い入金サイクルとなっています。※一般的な決済事業者の入金サイクルは月2回

ピーちゃん
ピーちゃん
月6回もあればだいぶ資金繰りが楽になるわね!
プーさん
プーさん
もし可能なら大手都市銀行の口座を指定すると良さそうだな!

以下、銀行の種類別に入金締日・入金日をまとめた表になります。

※振込日が金融機関休業日の場合、月末振込は営業日前倒し、それ以外は営業日後倒しになります

こうみると月6回だと5日の間隔で入金が可能となっています。翌日入金はできませんが、ある程度の計画性を持って資金繰りをしていればまず困ることはなさそうです。

もしこれでもなお経営に逼迫する場合は、資金計画の見直しも検討してみましょう。

まとめ

エアペイの入金に関して注意点と対処法をご紹介させて頂きました。

いかがでしたか?資金繰りは誰しも苦労するポイントです。キャッシュレス決済を導入する際には考慮しておきたいですね。

プーさん
プーさん
経営に関わることだから考えておいて損はないね
ピーちゃん
ピーちゃん
逆にここまで考えておけば導入後の心配も少なく済みそうね!

当サイトでは、他にもエアペイのメリットや注意点などを分かりやすくまとめています。キャッシュレス決済の導入をご検討の方はぜひ参考にしてみて下さい!

⇒今すぐエアペイに申し込む

 ▼関連記事▼

エアペイは申し込み〜利用開始まで約2週間!審査に関する注意点は?いざエアペイを利用しようと思った時、利用開始まではどれくらいの時間がかかるのでしょうか? エアペイは、Webで申し込みを行...
エアペイはnanacoとWAON、楽天Edyなど一部決済に未対応 エアペイは25種類ものキャッシュレス決済に対応しており、その対応数は業界でも群を抜いています。一方で、一部未対応の決済もあるので...
Airペイ(エアペイ)のデメリットは?確認しておきたい注意点5つ 決済サービスを検討するにあたって良い面はさることながら、同時に注意点もしっかり確認しておく必要があります。 この記事では、...

 

\今キャンペーン中の内容はこちら/