メリット

10月から2.16%に引き下げ!?エアペイの決済手数料は業界最安水準

ピーちゃん
ピーちゃん
決済手数料ってパーセンテージも細かいし相場が分かりにくい!
プーさん
プーさん
確かにそんな声もあるな。エアペイは業界の中でも最安の水準だから安心して。
ピーちゃん
ピーちゃん
ほんと?念のため詳しく知りたいな!

キャッシュレス決済を導入するにあたって多くの方が気にされるのが決済手数料です。

これは決済ブランドによってピンキリです。エアペイのように複数の決済ブランドを扱えるサービスにおいては、お客様がどの決済ブランドを利用されたかによって手数料率が変わってきます。

こちらではそんな決済手数料について詳しく解説していきます。

エアペイの決済手数料はほとんどが業界最安の3.24%

決済手数料って何?

ピーちゃん
ピーちゃん
そもそも決済手数料って何で払うんだっけ?
プーさん
プーさん
決済サービスが下のような仕組みになっているからだよ

決済手数料はキャッシュレス決済事業者が利益を得るための唯一の収益源です。上の図は例としてカード会社の場合で図解していますが、他の決済事業者も同様の仕組みになります。

カードやスマホかざしたりQRを読み込むだけで決済でき、利用代金も一時的に建て替えてもらえるという大変便利なサービスはこの決済手数料の売上によって成り立っているのです。

初期費用などは一時的な売上にしかならず、決済事業者はここで儲けようとはしていません。加盟店やお客様に決済を利用し続けてもらうことで、長期的に利益を得られるよう企業努力をしています。

ピーちゃん
ピーちゃん
とてもまっとうなやり方ね
プーさん
プーさん
サービスが良くて利用されないと利益も出ないもんな
ピーちゃん
ピーちゃん
決済手数料を払う意味がよく分かったよ

エアペイの決済手数料は決済ブランドによって決まる

ではこの決済手数料の額はどのように決まるのでしょうか。

これはお客様が利用される決済ブランドによって都度変わります。エアペイに限らず、どの決済サービス事業者についても同じことが言えます。

例えばエアペイの決済手数料ですと、決済ブランドによって以下のようになります。

ほとんどのブランドが3.24%、一部3.74%の決済手数料になっていることが分かります。ここに記載がありませんが、QRコード決済の決済手数料も3.24%です。

ピーちゃん
ピーちゃん
なぜブランドによって手数料率が違うの?
プーさん
プーさん
ブランドの会社によって求める手数料額が違うからなんだ

余談ですが、例えば同じクレジットカード決済でもVISAやMsatercardは3.24%なのに対し、JCBは3.74%の手数料になっていますね。これが理由で、エアペイ導入後もJCB決済は受け付けずVISAやMastercardの決済のみ受け付けるというお店も中には存在します。

しかし、管理人としてはこの方法はあまりおすすめしません。なぜなら、カード決済利用による売上効果は大きく、JCB決済などを取りやめることによる機会損失の方が大きいと考えられるからです。また、後ほど記載しますが2019年10月より決済手数料の引き下げが実施されます。これにより、ブランドごとの決済手数料の差も縮まるので全ての決済ブランドを受け付けることをおすすめいたします。

エアペイの決済手数料は業界最安水準!

ピーちゃん
ピーちゃん
エアペイの決済手数料ってすばり安いの?高いの?
プーさん
プーさん
ずばり、、安いです!!

エアペイの決済手数料は他の決済サービスと比較して最も安い水準となっています。正直、エアペイより安い決済手数料のサービスは存在しません。

例えば、Times Payという決済サービスがありますが、こちらではAMERICAN EXPRESSの決済手数料が3.74%となっています。一方で、エアペイの手数料は3.24%です。僅かな違いに思えますが、塵も積もれば山となります。

他にもスクエアやコイニーといった比較できる決済サービスがありますので、お時間が許すときにぜひ比べてみて下さい。

\ エアペイのお申し込みはこちら/

【朗報】政府の施策により決済手数料がやすくなる!

政府のキャッシュレス・消費者還元事業とは|対象期間は?

エアペイの決済手数料は政府の施策により今後さらにやすくなる予定です。その施策とは、一般的にキャッシュレス・消費者還元事業と呼ばれています。この施策は2,798億円もの予算が計上されており、消費者や事業者にとってメリットの大きい施策となりそうです。

キャッシュレス・消費者還元事業の内容は以下のようになっています。

  1. 中小・小規模事業者において消費者がキャッシュレス決済を行なった際に5%のポイント還元を付与
  2. 政府の補助により決済手数料が2/3に引き下げられる
ピーちゃん
ピーちゃん
5%のポイントは大きいわね
プーさん
プーさん
例えば、元々2%のポイント還元があるクレジットカードで決済をしたら、5%分が追加されて合計7%のポイント還元になるんだ。
ピーちゃん
ピーちゃん
すごい!決済手数料の引き下げも事業者にとって大きなメリットになるわね!

①について、付与されるポイントの種類ですが、プーさんの言っている通り、クレカなどそれぞれの既存ポイントシステムに5%分を上乗せして消費者に還元するしくみとなる予定です。

また②については、まず政府は全ての決済手数料が3.25%以下になるよう要請しています。そして、対象店舗については決済手数料の1/3を補助するとしています。

以下、対象となる店舗と対象期間です。

  • 対象店舗:資本金5,000万円以下か、従業員が50人以下の事業者
  • 対象期間:2019年10月〜2020年6月の9ヶ月間
  • 対象決済:クレカ、デビット、電子マネー、QRコード

もし対象の店舗を経営されている方は大きなメリットを享受できる施策ですので、忘れずに施策活用の申請を行いましょう。2019年5月中旬から決済事業者経由で申請できる予定です。※事業者は決済事業者(エアペイなど)に電話で利用したい旨連絡

ピーちゃん
ピーちゃん
お客様もお店もハッピーになれる政策ね。利用しない手はないわ!
プーさん
プーさん
忘れずに申請をしよう

なお、キャッシュレス・消費者還元事業については『消費税増税対策|キャッシュレス決済時の5%ポイント還元制度とは』に詳しくまとめています。内容や申請方法をもう少し知りたいという方は合わせてご参照下さい。

エアペイの決済手数料は2.16%へ

キャッシュレス・消費者還元事業により、2019年10月からエアペイの決済手数料は実質2.16%になります。私たち事業者にとっては願ってもない朗報です。

以下は、エアペイを提供している株式会社リクルートライフスタイルの2019年4月プレスリリースです。

キャッシュレス・消費者還元事業における支援事業者として登録を完了し、エアペイの決済手数料が実質引き下げになる旨が発表されています。

ピーちゃん
ピーちゃん
支援事業者としての登録が必要だったのね
プーさん
プーさん
エアペイは経済産業省にしっかり認定されてるんだな。さすがだ!

決済事業者といっても信用のある大きい会社から情報の少ない小さな会社までいくつも存在します。その中でも、エアペイは上記のように国の認定をしっかり受け、信頼できるサービスとなっています。こういったところも皆様におすすめできる大事なポイントです。

まとめ

エアペイの決済手数料について詳しくご紹介させて頂きました。

業界の中でも最安の水準であり、今後の手数料実質引き下げも見込めるという点が大変魅力的なサービスです。他サービスとの比較をご検討の方もこの記事の情報を参考にして頂ければ幸いです。

ピーちゃん
ピーちゃん
決済手数料の負担が実質引き下げになるのも嬉しいポイントね

キャッシュレス・消費者還元事業を利用されたいという方は2019年5月中旬から受付が始まる事業者申請を忘れずに実施して下さい。

当サイトでは随時情報を更新してまいります。

⇒今すぐエアペイに申し込む

 ▼関連記事▼

エアペイは入金が月最大6回で安心!振込手数料も全ての銀行で0円! ご安心下さい。エアペイは入金サイクルが早く、安定した事業運営に役立ってくれます。これも数あるキャッシュレス決済サービスの中でエア...
スマートな店内を演出しよう|エアペイで店内の省スペース化を実現!レジカウンターがカード読み取り端末などの配線でごちゃごちゃ。 お店のレジカウンターをもっとすっきりさせたい。 そう思ったご経験は...
Airペイ(エアペイ)のメリットは?8つのポイント解説 お店でキャッシュレス決済を行うためのサービスはAirペイ(エアペイ)以外にも存在します。楽天ペイやSquareといったサービスで...

 

\今キャンペーン中の内容はこちら/